秘密は厳守いたします。安心してご相談ください。

Mface(エムフェイス)についての被害相談が急増!!

平成30年に入り被害相談が多くなっています。

該当する方は十分に注意して下さい。

 

エムフェイス 『mface』 は、2011年にマレーシアにて設立された 第2のFaceBookを目指す“自称”全世界規模のソーシャルネットワーキングサービス。 運営法人は エムフェイス・インターナショナル 「MfaceInternational」

簡単に説明しますと、Mfaceの「広告権の購入」でお金を投資すれば、 ポイントがもらえる。(ポイントも色々あるみたいです)

さらに誰かを紹介することで利益(ポイント)が取れる。

 

問題点 

1、日本国内に統括する法人が無く、代表者がいないこと。 

2、特商法における連鎖販売取引の規制対象となる概要書面及び契約書面の不交付の可能性。 

3、特商法で定められている契約の取消し、クーリングオフが一切出来ないこと。 

4、本社及び代行業者が金融商品取引法における登録がなされてない可能性。

そして、何より問題なのは勧誘されるときに、日本円、米ドルなどの通貨では絶対に返金されないことが正しく説明されていないことです

最近では「ポイントが仮想通貨に変えることができ、日本国内で何でもかえるようになり最終的には円と同じような扱いになる。」と言っているようですが、将来のことは誰にも分からないし、分からないことを断定的に言うことは法律で禁じられています

説明会などで録音が禁じられているのは録音されると困ることがある証拠と言えます。

 

被害実態

口コミで勧誘していく手法(ネットワークビジネス)で被害が急増しているようです。

日本円では65万円の倍数の投資金をすすめる勧誘が多いようです。

投資すると、MFCの広告権を購入して世界中の人がクリックすると広告料金が入り、GRCと言うポイントが貰えるそうです。

ここからが仮想通貨でポイントでネットショッピング、不動産、自動車、航空券、食事、テーマパーク、ホテル、旅行などができる。

ですから申し込み書類も、

「MFCCLUB広告ポイント購入サポート申請書」となっています。

問題は利益の話ばかりで、リスクの話、説明が一切ないことです。

 

そして、最も重要なお金の振込先が個人口座になっていることです。場合によっては、特定商取引法違反、銀行法違反、金融商品取引法違反(それぞれに刑事罰があります)になりますので注意して下さい

また、ネットワークビジネス的に勧誘していますので、とにかくバックマージン、紹介料を優先になり元金保証もしくは元金保証と勘違いさせる手法が多いのも問題です。

海外では複数の国と地域で逮捕者も出ているようですので注意して下さい。

 

 

MBIグループ 最高責任者逮捕 – mface親会社

2017.6.20

THE Star:配信

 

MBIグループインターナショナルの捜索に伴い27百万リンギットを保有する銀行口座が凍結され、当グループの最高責任者が逮捕されたことが判明した。

この捜索は、マレーシアの銀行ネガラ、警察、検事総長の援助を得て、国内貿易協同組合および消費者省によって実施された。

同省は火曜日に簡単な声明で、月曜日にペナンとケダ州で捜索が行われ、当局は容疑者が所有している銀行口座を凍結した。

しかし、容疑者の身元は発表されなかった。

その他、現金68万8000リンギット(約1800万円)と高級車3台が押収された。

法執行当局者は火曜日の記者会見で詳細を明らかにする見込みだ。
 
5月31日に、MBIインターナショナル関係先のいくつかの地点での捜索に続いて、91の銀行口座の177百万リンギット(約46億円)が凍結された。

マルチエージェンシーのチームが、クアラルンプールのMスクエアロジスティクスセンターとペナンのショッピングセンターであるMモールを捜索、買い物客は商品と引き換えにロイヤリティポイントを使用していました。

Ops Tokenと呼ばれるこの摘発は、1993年のDirect Selling and Anti-Pyramid Scheme Actに基づいて行われ、省庁、警察、マレーシア企業委員会、CyberSecurity Malaysia、Bank Negaraの役員によって導かれました。
 

この摘発事件は、同省が国民からの苦情を受けた後であったが、執行部のダトゥク・モッド・ロスラン・マハイディン(Datuk Mohd Roslan Mahayudin)によると、関係者の逮捕はなされなかった。

同氏は、2001年の反マネーロンダリング、反テロ資金供与、不法行為収入の下で口座が凍結されたと述べた。
 
彼は口座が8つの異なる銀行、43の会社口座、48の個人の下にあったと付け加えた。
 

MBIインターナショナルは、以前は疑わしい財政制度を持っていたことを理由に、ネガラ銀行によってレッドカードを付けられました。

メンバーはスキームにお金を入れ、多くのバーチャルコインを受け取ります。

1年以上の「インキュベーション期間」の後、彼らはこれらのコインを、MモールのようなMBI傘下の小売店で商品やサービスに費やすためのポイントに変換することができます。

この制度は毎年大きなリターンを与えていると言われており、ペナンで設立された金融スキーム中で最も長く運営されていると考えられています。

 

 

 

 該当される方は、ご相談ください。

 

無料相談専用フリーダイヤル

0120-694-025

受付時間 8:00~20:00※土・日・祝も受付

Copyright © 2018 未公開株 株情報 株式情報 被害相談室 All Rights Reserved.

〒540-0024大阪府大阪市中央区南新町1,0120-694-025

ページの先頭へ戻る