秘密は厳守いたします。安心してご相談ください。

㈱ferix(フェリックス){かんたん選択ビジネス}に関する注意喚起

該当する方は、早めにご相談ください

平成30年9月11日(火)

消費者庁:発表

 

平成29 年12 月以降、「画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる」などとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
消費者庁が調査を行ったところ、「株式会社ferix」(以下「ferix」といいます。)との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び断定的判断の提供)を確認したため、消費者安全法(平成21 年法律第50 号)
第38 条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。
また、この情報を都道府県及び市町村に提供し、周知します。

 

1.事業者の概要(注1)
名 称  株式会社ferix(法人番号 1011701021159)(注2)
所在地  東京都新宿区天神町68 グランディール402
代表者 坂本 歩実
(注1)商業登記されている内容です。
(注2)同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

 

2.具体的な事例の概要
(1) ウェブサイトで勧誘します。
21. ferix は、SNS1等の広告に「かんたん選択ビジネス」、「写真を選ぶだけで収入UP」などと掲載し、かんたん選択ビジネス(以下「本件ビジネス」といいます。)のウェブサイトに誘導します。

ウェブサイトには、
「画像選択がベースの簡単な作業なので機械操作が苦手でも稼げる」
「たった数秒間の作業でも10 万円20 万円100 万円と現実的に稼ぐことが可能」
「今なら5万円誰でも受け取ってもらえます」
などと記載するとともに、収入に関する情報を得るためにはメールアドレスを登録する必要があるとして、消費者にメールアドレスなどを登録させます。
また、ウェブサイトには、街頭インタビューを受けた女性が本件ビジネスを体験し10 万円の収益を得たとする動画が添付されています。
(2) 反響が大きいことをアピールするメールを送信します。
ferix は、メールアドレスを登録した消費者に対し、
1 ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、登録された利用者同士が交流できるウェブサイト
の会員制サービス。

「現在○人待ちの状態です」
「1時間に2~3人ほどご案内させていただいておりますので、明日のお昼にはお仕事のご案内が出来るかと思います。」
などと本件ビジネスの反響が大きいことをアピールするメールを送信し、その後、別のメールで本件ビジネスを申し込むためのウェブサイト(以下「申込み用ウェブサイト」といいます。)に誘導します。


(3) 消費者に初期費用を支払わせます。
申込み用ウェブサイトには
「数分間の選択作業で簡単に10 万円、20 万円、更には100 万円以上の収益だって見込めます」
「1日数分の作業で10 万円~短時間現金化」
「本カリキュラムでは画像を選択することで100 万円以上の収益が現実的に見込めます」
「今なら最大5万円キャッシュバック付き」
などと記載されています。
本件ビジネスの初期費用については
「12,000 円だけで誰でもこのビジネスを始められます」
と記載されているため、消費者は、5万円のキャッシュバックがあれば、損をすることはないなどと判断し、初期費用を支払います。初期費用は、消費者によって異なり12,000 円より低い金額の場合もあります。
ferix は、初期費用を支払った消費者に対し、情報商材(「かんたん選択マニュアル」という名称のPDFファイル)をメールで送信します。
情報商材には、閲覧者のニーズに合った動画を作成し、動画共有サイトに投稿して再生回数を積み重ねることができれば、確実に報酬が得られることなどが記載されています。また、ferix が消費者に提供しているGateway +プラスという名称の動画生成管理システム(以下「Gateway+」といいます。)(注3)を使用すれば、既に用意されている画像を選択するだけで、誰でも簡単に動画を作成することができ、収益を上げることが可能となると記載されています。
(注3)同名又は類似名の商品等と間違えないようご注意ください。
(4) 本件ビジネスを始めるために必要であるとして、消費者を電話説明の予約へと誘導します。
情報商材には、
「かんたん選択ビジネスへの申込みに関しては担当者よりお電話にて説明させて頂きます」
などと記載されています。
消費者は、本件ビジネスの説明を受けようと考え、情報商材に記載されたferix のウェブサイトにアクセスし、電話予約フォームに電話説明を受けたい日時を入力します。


(5) 消費者に電話で、高い収益を得るためには有料コースに入る必要があると執ように勧誘し、高額な料金を支払わせます。
ferix は、電話予約をした消費者に電話をして

「どうせやるなら42 万円のコースにしませんか。年収約500 万円は確実に稼げます。」
「家事の合間にポチポチやるだけで、1か月後には300 万円稼げますよ。」
などと告げて、Gateway+の使用方法に関する電話サポートなどを受けることができるとして8万円から150 万円の有料コースに入るよう、執ように勧誘します。
消費者は、元は取れるものと思い込み、有料コースに申込み、コース料金をferixに支払います。なお、どのコースに入るかは、消費者によって異なります。
(6) Gateway+について
ferix は、有料コース料金を支払った消費者に対し、Gateway+の使用方法等を解説したPDFファイルと共に、Gateway+を利用するためのID及びパスワードを付与します。
Gateway+を使用すると、写真などの静止画像を動画に加工することができるようになっています。
消費者は、Gateway+を使用して作成した動画を動画共有サイトに投稿するなどして、再生回数に応じた広告収入を得ようと試みますが、再生回数は個々の閲覧者の判断に依存するため、誰もが簡単に稼げるような仕組みにはなっていません。


3.消費者庁が確認した事実
(1) ferix は、消費者に提供していたGateway+の効果として、ウェブサイト上に「たった数秒間の作業でも10 万円20 万円100 万円と現実的に稼ぐことが可能」、「本カリキュラムでは画像を選択することで100 万円以上の収益が現実的に見込めます」などと記載していましたが、100 万円以上の収益を得た消費者は存在せず、これらの記載に合理的な根拠はありませんでした。また、ウェブサイトには、街頭インタビューを受けた女性が本件ビジネスを体験し10 万円の収益を得たとする動画が添付されていましたが、当該女性は、消費者を演じるために雇われたモデルであり、同人が本件ビジネスを体験し、10 万円の収益を得た事実はありませんでした。(虚偽・誇大な広告・表示)
(2) ferix は、消費者に対し、有料コースの電話勧誘時に「どうせやるなら42 万円のコースにしませんか。年収約500 万円は確実に稼げます。」、「家事の合間にポチポチやるだけで、1か月後には300 万円稼げますよ。」などと、確実に高額な収入を得ることができるかのように告げていました。(断定的判断の提供)
(3) ferix の代表者は、廃業する旨を述べていますが、平成30 年9月10 日現在、同社の商業登記については解散登記も清算人選任登記もなされておらず、本件に関するウェブサイトもアクセスできる状態であり、今後も同様の消費者被害を引き起こすおそれがあります。
(4) ferix 以外にも、インターネットビジネスに関する消費者からの相談は数多く寄せられており、今後、別の事業者が今回の事案と同様の手口で消費者被害を引き起こす蓋然性が高いと考えられます。

 

4.皆様へのアドバイス
○ インターネット上には、誰でも簡単に稼げるかのような表現を用いて、収益を得るために必要と称して費用を支払わせる業者が数多く存在します。このような表現をうのみにして、費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかったなどとする相談が数多く寄せられています。「誰でも簡単に稼げる」といった説明があれば、まずは疑い、甘い言葉に決してだまされないでください。契約をする前に冷静に考えましょう。
〇 虚偽の体験談を用いて、誰でも簡単に稼げることをうたう業者も存在しますので、少しでも怪しいと思ったら、すぐに契約をせず、行政機関の注意喚起などの被害防止に有益な情報を活用してください。

 

無題 1

 

 
このような事案は専門家でないと正しい解決はできません。
該当する方は、専門家へ相談して下さい。
 
無料相談専用フリーダイヤル

0120-694-025

受付時間 8:00~19:00※土・日・祝も受付

Copyright © 2018 未公開株 株情報 株式情報 被害相談室 All Rights Reserved.

〒540-0024大阪府大阪市中央区南新町1,0120-694-025

ページの先頭へ戻る