秘密は厳守いたします。安心してご相談ください。

高配当約束し10億円集金、投資集団8人逮捕へ

収益4億円分を課税通報へ 米会社投資うたった集金事件

平成30年12月26日(水)

引用元:朝日新聞

 

 実態不明の米国投資会社「セナー」への投資をうたって現金などを集めたとして金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕されたメンバー4人について、警視庁が、計約4億円分の不法な収益を得ていた疑いがあるとして、来年1月にも国税当局に課税通報する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 メンバーらは仮想通貨約78億円相当も集めていたとされるが、警視庁はこの分は立件を見送り、課税通報にも含まない見込みだ。仮想通貨については匿名性が高く、多数の口座に分散されたため追跡が困難だったという。

 この事件では、会社役員の柴田千成被告(46)=東京都港区=ら男計8人が金商法違反容疑で逮捕、起訴された。立件した額は約2,900万円だが、けいしちょうは8人が「マルチ商法」の手口で44都道府県の約6千人から現金約5億円や仮想通貨約78億円相当を集めていたとみている。仮想通貨については、金商法の規制対象には原則的に含まれておらず、立件できなかった。

 

平成30年11月14日

引用元:YOMIURI ONLINE

 

元本保証や高額配当を約束し、無登録で出資を募ったとして、警視庁は14日にも、投資グループ「SENER(セナー)」の男8人を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕する方針を固めた。出資金の9割は仮想通貨「ビットコイン」(BTC)で、現金と合わせて総額10億円超を集めたが、昨年6月頃から配当を停止し、大半が返済されていないという。警視庁は金の流れの解明を進める。

 捜査関係者によると、8人は昨年2~5月、金融商品取引業の登録がないのに、先物取引への投資を募り、東京都内や千葉県に住む40~70歳代の男女9人から現金計約3000万円を集めた疑い。

 警視庁は昨年5、7月、セナーの関係先を同容疑で捜索。中心的な役割を担っていた8人を特定した。

 

 

投資集団、金融商品取引法の抜け穴に目付けたか

 

平成30年11月14日

引用元:YOMIURI ONLINE

 

元本保証や高額配当を約束し、無登録で出資を募ったとして、警視庁は14日にも、投資グループ「SENER(セナー)」の男8人を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕する方針を固めた。出資金の9割は仮想通貨「ビットコイン」(BTC)で、現金と合わせて総額10億円超を集めたが、昨年6月頃から配当を停止し、大半が返済されていないという。警視庁は金の流れの解明を進める。

 捜査関係者によると、セナーは出資金の9割以上を仮想通貨「ビットコイン」で集めていたが、警視庁は今回、現金の出資に絞って立件する。

 金融庁によると、仮想通貨は金融商品取引法の「有価証券」に該当せず、現行法では原則、規制の対象外になっているためだ。警視庁は、規制の抜け穴に目を付け、仮想通貨で出資を募ったとみている。

 

 


諦める前に、このような事案に精通している専門家に相談して下さい。
精通していないと逆効果になり本当なら取り返せるお金も取り返せない二次被害になりますので、十分に確認してから依頼して下さい。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-694-025


Copyright © 2019 未公開株 株情報 株式情報 被害相談室 All Rights Reserved.

〒540-0024大阪府大阪市中央区南新町1,0120-694-025

ページの先頭へ戻る